生命保険活用法

usage

生命保険

生命保険は保険加入時から必要保障額は確保されます。
目的を明確にすることで、本当に役に立つことができます。
また、税負担の軽減や相続対策にも有効です。

 

1. 生命保険の見直し手順(生命保険の知識の必要性)

1-1 現状把握:証券診断 ⇒ それぞれのリスクをカバーできているか
1-2 問題点の把握 ⇒ 保険でカバーしたいリスクの確認
1-3 生命保険の知識の必要性

 

2.人生4つのリスクへの備え

2-1 【生】教育資金、住宅資金、資産分散
2-2 【老】公的年金の補完(老後生活費サポート)、介護状態への備え
2-3 【病】入院・手術の費用負担、三大疾病(ガン、脳血管疾患、心疾患)への備え、先進医療保障
2-4 【死】死後整理資金(お葬式代等)、遺族生活費、相続税対策

 

3. 資産形成のための生命保険活用

3-1 生命保険料控除の活用による税制メリット
3-2 教育資金、老後生活資金 積立プラン ⇒ 終身保険、養老保険、長期平準定期保険、学資保険
3-3 保険料の一時払商品による資産運用 ⇒ 終身保険、養老保険、医療保険、個人年金
3-4 インフレ対応 ⇒ 変額保険、積立利率変動型保険
3-5 ポートフォリオ、高利率商品の活用 ⇒ 外貨建て保険

 

4. 相続対策

4-1 非課税枠の活用
4-2 保険料の贈与を活用した一時所得プラン


※法人、事業主のお客様は「事業主・法人のお客様」のページもご参照ください。

 

コメントは停止中です。